よくあるご質問(FAQ)

認定薬剤師研修制度に関して

認定薬剤師研修制度に関するよくあるお問い合わせ内容を掲載しております。

インデックス

Q1 DLM 認定薬剤師研修制度が認証された特定領域認定制度とはどのようなものですか?
Q2 リアル育薬セミナーに参加するとこれまで(2006 年度以前)と同じように、日本薬剤師研修センターのシールをもらえますか?
Q3 現在、日本薬剤師研修センター(又はその他の認証プロバイダー)の研修単位を取得して認定を受けたいと思っているのですが、育薬セミナーでは DLM センターの単位を発行すると聞いています。となると日本薬剤師研修センターへ(又はその他の認証プロバイダー)の申請の際、育薬セミナーで認定された単位は無駄になる(使えない)のですか?
Q4 DLM センターから認定を受けたいのですが、今集めている薬剤師研修センターの単位は使えますか?
Q5 DLM センターの単位を取得できるのは、育薬セミナーの受講だけですか?
Q6 リアル育薬セミナーだけでは講義についていけないところがあります。リアル育薬セミナーと並行してVOD 育薬セミナーを受講することは可能ですか?その場合、単位や受講料はどうなりますか?
Q7 単位識別コードとは何ですか?
Q8 「更新対象講座」を全て受講していないと、認定の更新は出来ないのですか?「更新対象講座」以外の講座を認定更新のための単位として申請できますか?
Q1 DLM 認定薬剤師研修制度が認証された特定領域認定制度とはどのようなものですか?

「生涯研修制度」の一部ですが、特定の分野・領域についての薬剤師としての職能を高めるために、適切に計画された学習を修めて知識・技能を習得した成果を認定する制度です。ある程度まとまった回数あるいは期間で、数十時間を費やして一定のプログラムにしたがい行われる研修であり、原則として事前にある程度受講者を選抜し、事後評価として試問あるいは試験を行ない認定証が与えられます。学習課題は、「専門薬剤師制度」と類似する場合もありますが、専門薬剤師が、能力の保証を目的とするのに対し、これはあくまでも専門性向上のための学習課程の修了を証明するものです。いわば「職能向上のための研修」といえます。

↑このページの先頭へ

Q2 リアル育薬セミナーに参加するとこれまで(2006 年度以前)と同じように、日本薬剤師研修センターのシールをもらえますか?

2007 年 4 月からは、福岡・東京会場とも DLM センターの発行するシールと受講証明書を配布します。したがって、日本薬剤師研修センターのシールは配布いたしません。ただし、日本薬剤師研修センターに認定を申請する際には、DLM センターの発行するシールを使用することができます。

↑このページの先頭へ

Q3 現在、日本薬剤師研修センター(又はその他の認証プロバイダー)の研修単位を取得して認定を受けたいと思っているのですが、育薬セミナーでは DLM センターの単位を発行すると聞いています。となると日本薬剤師研修センターへ(又はその他の認証プロバイダー)の申請の際、育薬セミナーで認定された単位は無駄になる(使えない)のですか?

そのようなことはありません。DLM センターの認定単位は、日本薬剤師研修センターやその他のプロバイダーが行っている認定制度に使用可能です。

↑このページの先頭へ

Q4 DLM センターから認定を受けたいのですが、今集めている薬剤師研修センターの単位は使えますか?

2007 年 4 月以降に発行されたものは使えます。DLM 認定薬剤師の認定時、他のプロバイダー(薬剤師研修センターなど)の単位も等価で認定されます。ただし、認定単位数には、一部制限を設けています(→DLM認定薬剤師認定証取得のための研修単位 の説明をご覧ください)。これは、本制度では、特定領域認定制度として育薬セミナーを継続的に受講していただいた方をDLM認定薬剤師として認定し、職能向上を図っていただきたいと考えているからです。育薬セミナーを 2年以内に 40 回受講していただければ、それだけでも「DLM 認定薬剤師」の申請が可能です。

↑このページの先頭へ

Q5 DLM センターの単位を取得できるのは、育薬セミナーの受講だけですか?

育薬セミナー受講以外にも、DLM センターでは集合研修の主催を予定しています。ここでは、原則として 90分を 1 単位(1 日上限 4 単位)として単位を認定します。また、リアル育薬セミナーではクローズアップ DI のコーナーを担当し、資料作成と発表を担当した薬剤師を対象として、2.5 単位(参加単位とは別に)の認定を予定しています。

↑このページの先頭へ

Q6 リアル育薬セミナーだけでは講義についていけないところがあります。リアル育薬セミナーと並行してVOD 育薬セミナーを受講することは可能ですか?その場合、単位や受講料はどうなりますか?

リアル育薬セミナーと並行してVOD 育薬セミナーを受講することは可能です(どちらの育薬セミナーも研修プログラムは同一ですが、VOD 育薬セミナーでも繰り返し学習を希望される方を対象として、どちらも受講することを認めています)。ただし、同一コンテンツですので、重複研修されても、単位の認定は 1 回 1.25 単位のみとさせていただきます(※1)。両方を受講される方は、別途 VOD 育薬セミナーの受講料が必要となります。

※1:リアルとVODのどちらも受講した回の研修単位は、リアル育薬セミナーで発行している研修単位シールのみで認定します(シールの紛失には十分ご注意ください)。

↑このページの先頭へ

Q7 単位識別コードとは何ですか?

薬剤師認定制度認証機構の認証を受けた生涯研修認定制度のプロバイダーが実施する研修には、必ず「単位識別コード」が付与されています。例えば、育薬セミナーの場合、「P01-12V01」は 2012 年度第一回 VOD の講座に割り当てられたコードです。単位識別コードが不明の場合は、研修主催者に問い合わせて下さい。

↑このページの先頭へ

Q8 「更新対象講座」を全て受講していないと、認定の更新は出来ないのですか?「更新対象講座」以外の講座を認定更新のための単位として申請できますか?

「更新対象講座」は、更新の際に受講しなくてはならない講座を定めたものではありません。認定の更新に際しては、認定期間の 1 年間で 30 単位以上取得する必要がありますが、「更新対象講座」においては、認定期間外に取得した場合であっても、認定対象単位として認められます。これは、リアルセミナー開催日や VOD 配信日のズレ等により、認定期間内に 30 単位が取得出来なくなる不都合を回避するために設けられた制度です。「更新対象講座」を全て受講していなくても、規定の単位を取得していれば、認定更新申請ができます。また、「更新対象講座」以外の育薬セミナー講座及び、その他の研修で取得した単位は、単位取得日が認定期間内であれば、もちろん、認定更新のための単位に数えることが出来ます。

↑このページの先頭へ